So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

ちょっとキモかわいかった「ダンボ」を見ました! [シネマ]

IMG_6357_s.jpg
ディズニーアニメの「ダンボ」って
絵は知っているけれど、ストーリーは知らなくて…
動物がフルCGの実写版となった「ダンボ」を見て来ました!
アニメ版はコウノトリがダンボを連れてきたようですが
本作ではいつの間にか生まれていましたw
ゾウの皮膚感がシワがあったりで生々しくて
それがキモカワいい感じ。
鼻がくにょくにょ動くさまもゾウらしくて。
耳が大きすぎて持て余す描写がアニメと違い
現実的でありました。(現実にはありえませんが)
ダンボのCGで特に力を入れたのは目(瞳)だったそう。
宝石のようにキレイな瞳でしたよ。
本作ではサーカス団に身を置く親子と
ダンボが中心となったストーリー。
ダンボや動物たちはしゃべりません。
そこが多分アニメ版とは大きな違いかな。
ダンボが空中を飛ぶ様子は
重たいゾウが落下と浮上を繰り返しながら
あぶなっかしい様子でしたね。
あの身体をこの耳で浮かせる事ができるの?
な~んて野暮な事を考えてはイケマセン。
飛べることが大前提ですからね。
しかも飛行に調子が出てくるとものすごい高速で
飛ぶのですよ。
サーカスのテント小屋の中で大丈夫なのか?ってくらい。
ティム・バートン監督は毒のある描写がお得意ってことで、
ラストの娯楽施設が崩壊する様で
看板の文字が欠けて意味が変わる様が風刺が効いてて
ソレっぽいと思いました。
あの興行師役はバットマンを演じたマイケル・キートン、
更にサーカス団の団長はバットマンのペンギンを演じたダニー・デヴィートと
監督ゆかりの役者さんを起用したのね、と。
フルCGと役者さん達が共存する映像は
全く違和感なく、オール実写では描けない世界を
目にする事ができてファンタジー映画の醍醐味を味わえた!
と、感じられる作品でした。
ダンボかわいいよ、ダンボ…

タグ:ダンボ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ