So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

予約が取れない湯島「くろぎ」の鯛茶漬けランチへ・・・ [グルメ]

6月はみやびのお誕生月です。
 
そんなみやびに岩泉まいちゃんがサプライズで
バースデープレゼントを用意してくれました!
 
そ・れ・は・・・
 
予約が取れなくて有名な湯島の「くろぎ」
ランチ予約を取ってくれたんです。
近年放送された料理の鉄人で和のアイアンシェフとして登場した
黒木純さんが店主の和食店なんですよ。
 
以前東大の敷地内にある和カフェの
「廚菓子くろぎ」へは行った事があるのですが、
やっと本陣へ来ることができました!!
 
ランチは火曜日~金曜日の11:30~と12:30~の2回制。
1回の客数は10名まで。
つまり1日のランチ客は限定20名なのです。
 
その狭き門に送り出してくれたまいちゃんに感謝!!
(一緒に行ったのは母なんですけどね。
「私は行ったことあるのでママと行っておいで~」だって)
 
前置きが長くなりました。
 
地下鉄湯島駅からすぐの路地に入ったところにお店があります。
看板や暖簾はかかっておらず、
お店の「紋」が入った電燈が目印です。
IMG_5931_s.jpg
 
もっとも、古民家のこの佇まいを見れば
ここだよなぁ~って想像はつきますが。
IMG_5930_s.jpg
 
11:20には到着し、店の前で他の予約客と待っていたら
中からお店の方が出てきて案内してくれました。
 
通されたのはカウンター席。
目の前がアイアンシェフの黒木さん!!
かな~り男前!!!そしてお若い!!!!
 
飲みものはお茶でよいか聞かれて、「はい」と答えると
香り高いほうじ茶とおしぼりを出していただきました。
ビールを飲んでいる方もいらっしゃいましたが
飲めなーずな親子でして・・・
 
ランチは鯛茶漬け1品のみ。
黙っていてもお盆が運ばれてきます。
IMG_5932_s.jpg
胡麻醤油でヅケにされた鯛とご飯はお代わり自由!!
素晴らしい!!
 
IMG_5933_s.jpg
 鯛はお造りの切り落とし部分なのでしょう。
不ぞろいで腹身の部分もあったりします。
でなきゃ、夜は2万円を下らないというお店で
ランチがたったの1000円だなんてありえません!!!
 
しかし、鯛は鯛です。ありがたや~~~
 
小鉢は出汁巻玉子に川エビと切り干し大根、鶏肉の煮物でした。
IMG_5934_s.jpg
 
お味噌汁は油揚げと玉ねぎが入っており、
あとは刻んだお漬物+小梅。
 
 
まずは、炊き立ての美味しいご飯に鯛を乗っけていただきます!
IMG_5935_s.jpg
 お刺身で食べられる鯛を使っていますから
コリコリとしっかりした食感で、
醤油ベースに漬け込んで味がしっかりしているので
ご飯が進んじゃう!!
 
う、うまい~~(*^。^*)
 
お家では滅多にお代わりはしませんが
鯛が無くなったらすぐお代わりを入れてくださり
ご飯もお代わりをお願いしました。
 
お代わりしたご飯の後半でお茶漬けにしました。
刻み漬物も入れてみたよ~~
IMG_5936_s.jpg
 お茶はお出汁は入っていません。
なので、あっさりした味わいのお茶漬けになりました。
 
お茶で薄まった分鯛を食べてしまい、ご飯が余ってしまったので
鯛だけもう少しお代わりしました。
 
私たちが食事している間、黒木さんと板さんは
夜の仕込みをずっとやってましたね。
葛粉を溶いていたり、カリフラワーを細かく切っていたり、
緑と黄色のズッキーニや、アスパラガスの
仕込みをご飯を食べながら見ていました。
 
武家屋敷の棚に刀がかかっているかのように 
壁には大小様々な包丁がかかっていましたよ。

 
なんと、ランチはデザート付き!
IMG_5937_S.jpg
 塩バニラアイスと緑茶です。
嬉しい。
 
お茶の湯飲みは小さな入れ物でしたが、
飲み干すとすぐお代わりを注いでくれます。
 
大満足なランチでありました。
 
黒木さんは「いつも同じランチですみません」って
仰っていましたが、
こちらこそ、このお値段で提供してくださって
申し訳ないって思いましたよ。
 
 
とてもおススメで1度は訪れて欲しいお店ですが
競争率が高すぎてなかなか訪問するのは
難しいようですね。
 
来店できて良かった♡
まいちゃん、予約頑張ってくれてありがとう[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]
 

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ