So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

アペリティフの日 2013年度 米倉涼子さんも登場! [グルメ]

今年も6月第一木曜日開催のアペリティフの日がやってきました!
 
開場前の六本木ヒルズアリーナ
CIMG1037_s.jpg
 
そもそも「アペリティフ」って? 公式サイトによると・・・
 
食と人生を楽しむことを大切にするフランス人。
そのライフスタイルに欠かせない習慣がアペリティフです。
ラテン語のAperireを語源とする Aperitifは、食欲を増進させ、
出席者の懇親を深める場となります。
食事の前に飲み物と"アミューズ・ブーシュ"と呼ばれるおつまみを味わい、
友人や家族とのおしゃべりを楽しみながら、ゆったりとリラックスしたひとときを過ごすのです。
 
2004年にフランス農水省が毎年6月第一木曜日を「アペリティフの日」と提唱して以来、
毎年世界各地でアペリティフを楽しむさまざまなイベントが繰り広げられています。
アペリティフというフランスの食文化を世界中のひとたちと共有できるステキな1日です。

今年でなんと10年目!(知らなかった)
 
 
CIMG1049__s.jpgみやびが過去に参加した様子は以下のリンクからご覧ください。
 
2012年度】 【2011年度】 【2010年度
 
 
今年は今までのシステムとがらりと変更があって、チケットの申し込みの時にどうしようって思いました。
 
今までは参加シェフが数種のアミューズをテントに用意してて、一般参加の私たちはその中から好きなものをチケットと交換してもらっていただくというスタイルだったのね。
 
それが今回は、参加シェフが提供するアミューズは1種のみ、AグループとBグループと2つのグループ分けされたシェフのお料理をどちらか選んで申し込むのです。
 
つまり、給食のように参加者は皆同じアミューズをいただく訳。
 
迷ったけれど、Aグループのシェフの方にしました。
 
 
===参加シェフ(ABグループ混在)===
  • 青柳(小山裕久)
  • オテル・ドゥ・ミクニ(三國清三)
  • カミーユ(上柿元勝)
  • ホテルオークラ東京(根岸 規雄)
  • キュイジーヌ【S】ミシェル・トロワグロ&「カフェ・トロワグロ」(ミシェル・トロワグロ)
  • クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ(島田進)
  • 京王プラザホテル(緑川 廣親)
  • セルリアンタワー東急ホテル(福田順彦)
  • タテルヨシノ(吉野建)
  • 帝国ホテル(田中健一郎)
  • 東京ドームホテル(鎌田昭男)
  • ホテルメトロポリタンエドモント(中村勝宏)
  • 星野リゾート(梶川俊一)
  • ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン(ドミニク・コルビ)
  • レストラン・パッション(アンドレ・パッション)
 
CIMG1039_s.jpg
 
更に違うのは、チケット代は昨年よりもお安くなって3500円ですが、
アミューズは10品→8品に変更、
チーズ1品が追加、
ドリンクはポイント制に(チケットに2ポイント含まれている)
1~4ポイントのドリンクが用意されていました。
 
 
以前と違うシステムに戸惑いながらもまゆりんと母とでGO!
まずはアミューズをもらう為に列に並びました。
IMG_1975_s.jpg
 
 
皆同じものをいただいた訳ですが、それがこのお皿です。
CIMG1059_s.jpg
 
トレイに全部乗っかっている状態でもらえるのかと思いきや!
各シェフのブースから1つ1つもらっていくスタイルでした。
(ちょっと時間がかかる~~)
 
参考までにBグループのお皿はこちら
お隣にいた方のお皿を撮影させていただきました。
CIMG1061_s.jpg
 AとB両方のチケットを買ってるツワモノもいらっしゃいました。
 
シェフのグループ分けでAかBかは選べますが、
事前にお料理内容は分からないので果たしてどちらが良かったのやら?
 
 
昨年までの人気シェフのアミューズ争奪戦は無いものの
今度は食べるスペースの争奪戦になってしまったよ~~
 
基本立食なんですが、会場にあるテーブルが参加者よりもずっと少なく
どうやってアミューズを食べて、ドリンクを持ったらいいんだろう?と。
しばらくウロウロして何とか落ち着けるところを確保してモグモグ。
ドリンクは後回し(-_-;)
 
 
ウッドデッキに皆さん直座りでございます。
レジャーシートが必要かも?!
IMG_1976_s.jpg
 
 
では1つ1つのお料理についての確認をば!
 
CIMG1040_s.jpg
 
CIMG1041_s.jpg
何のカレームースか滑らか過ぎて食べただけでは分かりにくかったです。
そうかー、フォアグラと仔牛なのよね。
素材そのままの方がありがたみがあったかも~
 
 
CIMG1043_s.jpg
 
CIMG1042_s.jpg
お野菜がメインという印象でした。 ドライいちじくが意外でした。
味噌を使ったソースが美味しかったです。
 
 
CIMG1045_s.jpg
 
CIMG1044_s.jpg
 アサリと聞いただけで萎えた。(貝は嫌いなのです)
我慢して食べました。なのでコメントできません。
 
 
 
CIMG1048_s.jpg
 
CIMG1047_s.jpg
初夏に相応しい色鮮やかで涼しげな一品でした。
赤い部分はフランボワーズでしょうか、ちょっと甘くてフルーティだったような。
ゼリー寄せの内容は1つ1つ覚えていませんが、色々な種類の材料が使われていました。
 
 
CIMG1051_s.jpg
 
CIMG1050_s.jpg
高級なお惣菜パンって印象でした。
 
 
CIMG1053_s.jpg
 
CIMG1052_s.jpg
 薄茶の方はヴェニラ? 赤い方はフランボワーズ?
甘さがしっかりしていたマカロンでした。
アペの日ならではの手の込んだものを期待していた中ではうーーんという印象。
 
 
CIMG1055_s.jpg
 
CIMG1054_s.jpg
こちらも初夏に合う、色とりどりのお野菜のテリーヌでした。
上に乗ってるフォアグラのパルフェがアクセントで、お野菜はさっぱり味。
前菜にいいなぁという一品でした。
 
 
CIMG1058_s.jpg
 
CIMG1057_s.jpg
 玉ねぎのチャツネが良かったです。
パテって、どうも皆同じような味というイメージがあって
とびきり美味しいって思った事がないのですよね~
まずいのではないのですが、手が込んでいる割に味が地味って事かな。
 
 
チーズの引き換えはどこかな~と探したら、チーズカゴを抱えた人がいて
 チケットと交換してるのを確認したので、ここか!ってね。
IMG_1978_s.jpg
無事チーズもいただけました。
クリーミーでクセのないカマンベールチーズ。美味でした。
赤いドリンクは1ポイントのカクテルです。
 
 
ここはカクテルブース
CIMG1062_s.jpg
 
CIMG1063_s.jpg
 その場でシェイカーで作ってくれますよ~
 
ワインコーナーは1ポイント~4ポイントまでランクがあって
その中から好みのワインをチョイスできます。
 
 
11:30にオープンして飲み食いしていたらそろそろ13時。
13時からレセプションが始まるのでステージ前へ移動しました。
 
ステージ全景。みんな写メっています(笑)
CIMG1097_s.jpg
 林農林水産大臣、在日フランス大使、参加シェフ、服部先生らがずら~っと。
そしてアペリティフの日親善大使として任命された米倉涼子さんも!!
 
もうちょいアップ
CIMG1100_s.jpg
 
 ↓ クリックすると拡大します ↓
CIMG1105_s.jpg
 
 
 米倉さんを拝見する事もできたので、レセプションの終了前においとましました。
 
 
来年はどうしようかな・・・。
その時になったら決める事にします。

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ