So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

新撰組ゆかりの壬生寺へ・・・京都② 2017.4 [ 吉野大阪京都 2017.04]

DSC_3232_s.jpg
今さら壬生寺ですよ(^^ゞ

てか、今も「薄桜鬼 〜新選組奇譚〜」など新撰組モノ作品があるので
参拝者はいらっしゃるのですけどね。

私と新撰組との関わりは、木原敏江さんの漫画
「天まであがれ」が始まりかなぁ・・・
そして宝塚歌劇団で上演された「星影の人」も。

短大時代の友人と、新撰組の旅をしに
東京から北海道へ33時間かけてフェリーで行き
土方歳三最期の地を見たり、
やぶ蚊と戦いながら立待岬の碧血碑を見に行ったり
五稜郭へも行ったりしました。
更に阪本竜馬ゆかりの地、桂浜へも行ったりと。

あれからン十年も経ってしまいましたが
やっとやっと壬生寺へ行く事ができました。
会社員時代、印刷立会いで壬生寺のすぐ近くにある
日本写真印刷さんへ時々出張の仕事に来ていましたが
朝から晩までガッツリ工場に缶詰めになっており
1度も壬生寺へ行かれなかったんですよね~。

その後の京都旅行の際も優先順位が後回しで
今の今まで行く事が叶いませんでした。

当時燃えていた情熱は冷めかけてはいましたが
「必ず行く」という目標を達成する為だけ
今回急遽お友達を巻きこんで行ってきましたぞ!!

壬生寺のすぐ近くに新撰組屯所跡があります。
DSC_3223_s.jpg
DSC_3224_s.jpg
ちょっと興味もあるけれど、ここは壬生寺一択で。
DSC_3225_s.jpg

ここが壬生寺。
なかなか立派な門構えではありませんか!!
DSC_3227_s.jpg
P1260521_s.jpg

新撰組の屯所に近い事から隊士達が境内で
剣の稽古などに利用していたお寺であり
近藤勇、芹沢鴨などのお墓もあります。
DSC_3226_s.jpg
本堂へ向かう途中の右手に壬生塚のある阿弥陀堂があって、
ここで拝観料を支払い中に入ります。
P1260542_s.jpg
壬生塚の案内図です。
P1260524_s.jpg
龍神象
P1260523_s.jpg
P1260526_s.jpg
P1260525_s.jpg
P1260527_s.jpg
一番奥に近藤勇せんせいの胸像がありましたよ!
P1260529_s.jpg
現存している当時の肖像写真の顔と同じです。
P1260528_s.jpg
この石碑は新しいのね。
P1260530_s.jpg
P1260531_s.jpg
壬生寺にお墓のある隊士の名前一覧です。
P1260532_s.jpg
芹沢鴨さまのお墓
P1260538_s.jpg
7名の隊士の合同墓
P1260539_s.jpg

近藤勇胸像横には絵馬の奉納場がありました。
P1260537_s.jpg
この辺りは力作揃いですね~~
ema.jpg

参拝ノートがあったので書いてきました(^^ゞ
岩泉まいちゃんと雨宮杁亜ちゃんのサインも~~
DSC_3229_s.jpg

本堂にお参りをして次の目的地
芸能の神様が祀られている車折神社へ向かいました。
DSC_3231_s.jpg

これで、我が人生の目標の一つを達成したわ~~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ