So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

第三回ピンクリボンセミナーin宇都宮に参加しました① [ブログレポート]

女性の皆さん、乳がん検診は受けていますか?
”自分は大丈夫”と思っていても
今や成人女性の12人に1人が乳がんにかかるそうです。
とても他人事ではないのです。
 
芸能界では昨年は北斗晶さんが、今年は小林麻央が
乳がんを公表して話題になっています。
 
どのガンにも言えることですが、
早期発見、早期治療が生存率を高めます。
後回しにしないで、積極的に健診を受けましょう!
 
10月は乳がんの検診を呼びかけるピンクリボン月間です。
実は今年、乳がん検診のマンモグラフィーに引っかかって、
再診を受けに行ったのですよ。
再診結果を聞くまでドキドキでしたが、
幸いがんではありませんでした。 
 
という訳で、ちょうどいいタイミングでセミナーの事を知り
2016年10月15日に開催された
『第三回ピンクリボンセミナーin宇都宮』に参加してきました。
この日は東京からのバスツアーでの参加です。
 
 
開催場所は栃木県宇都宮市にある
「とちぎ健康の森」
DSC_1569_s.jpg
 とっても立派な施設でした。
DSC_1566_s.jpg
 
 
ロビーにはピンクリボンツリーも展示されていました。
DSC_1561_s.jpg
 
セミナー会場も立派な作りでした。
DSC_1555_s.jpg
 
この日のセミナー内容
P1230308_s.jpg
 
第一部「乳がん基礎知識入門」~行こう、受けよう、乳がん検診~
講師:竹原めぐみ医師
P1230316_s.jpg
 
    ① 乳がんの現状    
 
昔に比べ日本人の乳がん患者数は増加しています。
2010年は12人に1人の割合で罹患しているのです。
アメリカの8人に1人の割合に迫る勢いです。
P1230319_s.jpg
 
 しかし、死亡率では5位で乳がんで亡くなる確率は
がんの死因のTOPではありません。
 
乳がんは早期発見・早期治療ができれば生きる事ができる病気です。
そのために大事なのは
[かわいい]きちんと健診を受けること
[かわいい]自覚症状があったら すぐに乳腺科を受診すること
 
産婦人科ではなく専門の「乳腺科」を受診ですよっ!!!
 
 
しかし、日本人は他の国に比べて
乳がん検診の受診率が低いのが現状です。
P1230323_s.jpg
 
日本の乳がん検診受診率は30%前後と低水準です。
 
その結果、罹患率は欧米諸国の方が日本より多いのに
死亡率は欧米諸国は減っているのに対し
日本はジワジワと増えていっています。
 
これはなぜか?
欧米諸国は健診受診率が高いので早期発見・早期治療ができているからです。
 
 
お医者様が指摘する乳がんの危険因子
P1230327_s.jpg
 諸説ありますので、参考程度に・・・
P1230329_s.jpg
 
 
乳がんの主な症状は下図の通り
P1230332_s.jpg
 自覚する乳房の痛みは乳がんではない事が多いそうです。
でも、気になった場合は乳腺科で受診を!!
 
 
    ② 乳がん検診ってどんなことをするの?    
 
 
P1230334_s.jpg
 一般的な健診は、問診、視触診、マンモグラフィーです。
併用して超音波検査があります。
 
最近の検査として、トモシンセンス、PEMも導入されるようになりました。
(※トモシンセシスは3D撮影ができるマンモグラフィです)
 
 
マンモグラフィのレントゲン画像
左右から乳房を挟む場合と、上下で挟む場合があります。
P1230335_s.jpg
私もマンモグラフィを受けた事があります。
がんを発見する為にはなるべく乳房を平たくした方が
写りがいいので、板で乳房を思いっきり挟んで撮影します。
検査の間だけ我慢すればいいですが、
潰れる~~~って思うくらいかなり痛いです。
 
 
マンモグラフィに写るがんの病巣は「白く」抜けている部分です。
P1230336_s.jpg
 
しかしマンモグラフィには問題点があります。
それは『高濃度乳腺』 の乳房=デンスブレスト。
乳腺が密集していて乳房全体が白く写ってしまい、
がんの発見が難しくなります。
P1230339_s.jpg
 
赤丸部分にがん細胞があるとしたら、
高濃度乳腺の乳房のがんは乳腺に隠れて見えづらいのです。
P1230342_s.jpg
 
そこで、超音波(エコー)での検診も必要とされます。
エコーはマンモグラフィとは違った見方で乳がんを発見します。
 
こちらはエコーの画像。
P1230343_s.jpg
 
がん細胞は黒い影となって現れます。
P1230344_s.jpg
 
 
余談ですが、乳がんは男性にも発症します。
男性も胸に違和感を覚えたら受診しましょう!!
 
 
     ③ 乳がんについての基礎知識   
 
そもそも乳がんができる場所は、主に「乳管」と「小葉」
P1230348_s.jpg
 
乳がんの治療方法は、手術、薬、放射線治療とあります。
ただ、ケースバイケースになるので、
治療方針は患者毎に異なります。
P1230349_s.jpg
 
手術は乳房と脇のリンパ節を切除しますが
温存(部分切除)か全摘出かは
病巣の状態によって判断されます。
 
その判断基準の1つとして
「浸潤がん」と「非浸潤がん」があります。
 
乳管内に発生したがんが、乳管内に留まっているのが「非浸潤がん」で
超早期発見のがんです。
P1230354_s.jpg
「浸潤がん」は乳管の外へ広がったがんで
進行した状態になります。
 
超早期発見ができれば、それだけ生存率も上がります。
 
P1230362_s.jpg
 
 
乳がんの進行度(ステージ)について
P1230364_s.jpg
一般的なステージ表示とは異なり、
がんの「性格」によって数値が決まるそうです。
数字が大きい方が進行して重い症状には変わりありません。
 
 
乳がんの治療に用いる薬について
P1230366_s.jpg
一律同じものを使うのではなく、
患者一人一人の病状によって何を処方するのかが決まります。
 
 
手術後の治療方針についても同様に
一人一人オーダーメイドに治療方針が決まります。
P1230372_s.jpg
 
 
放射線治療について
P1230373_s.jpg
主に温存手術後の再発予防として用いる。
 全摘の場合も状況によって行う。
放射線は、他の組織への副作用がほとんどない治療です。
 
 
P1230375_s.jpg
 
 まとめ
 
乳がんは女性にとって極めて身近な病気なので
早期発見・早期治療がとても大事!!
 
たとえ乳がんになったとしても治療法はどんどん進歩しています。
自分にあった治療を見つけて諦めずに治しましょう。
 
 
第二部へ続きます。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ