So-net無料ブログ作成
声のお仕事依頼・商品レビュー依頼等、
各種お問い合わせはメールフォームからお願いいたします[るんるん]
mail_mark2.gif

完璧山寺、比叡山延暦寺へ行ってきました! [ スルっと関西の旅2016.04]

スルッとKANSAIを使う旅の最終回は
比叡山 延暦寺です。
 
途中予定外の近江神宮へ寄り道してしまったので
ケーブルカーに乗るのが大幅に遅くなってしまいました。
 
大阪市内からのルートは・・・
淀屋橋から京阪本線で三条、三条京阪⇒浜大津経由⇒近江神宮前
近江神宮前⇒阪本、ケーブル坂本⇒ケーブル延暦寺
 
ここはケーブル坂本駅
P1210928_s.jpg
 
1時間に2本の発車です。00分と30分に出発します。
P1210926_s.jpg
 
うー、15時までもうちょっと。
P1210925_s.jpg
 
ケーブルカーが来ました。
P1210937_s.jpg
 
P1210935_s.jpg
 
山を登って行くと横に琵琶湖が見えます。
P1210940_s.jpg
 
車内のようす
P1210947_s.jpg
 
ケーブル延暦寺駅の外観です。
P1210950_s.jpg
 
参道ならぬ山道を歩いて延暦寺へ向かいます。
夜になったら街灯もなさそう・・・
P1210953_s.jpg
 
ほどなく門が見えました!到着です。
P1210955_s.jpg
 
とは言え、「延暦寺」とは、比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地に点在する
約150ほどの堂塔の総称です。
延暦寺という一塔の建造物があるわけではありません。
山内を地域別に、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、
北を「横川(よかわ)」の三つに区分しています。
これを三塔と言い、それぞれに本堂があります
P1210956_s.jpg
みやびが辿り着いたのは『東塔』エリアです。
こんなに広いと全部回るのはこの時間では無理なので
この周辺のみ拝観しました。
 
 
P1210957_s.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1210958_s.jpg
 
根本中堂(こんぽんちゅうどう)
P1210960_s.jpg
 ここが延暦寺の総本堂となります。
 
 
鐘楼
P1210978_s.jpg
 
P1210961_s.jpg
 
P1210979_s.jpg
 
 
大講堂
P1210962_s.jpg
 
 
P1210965_s.jpg
 
P1210968_s.jpg
 
 
法華総持院東塔
P1210970_s.jpg
 
 
阿弥陀堂
P1210972_s.jpg
 
阿弥陀如来さま
P1210974_s.jpg
 
しだれ桜が咲いていました。
P1210976_s.jpg
 
 
全部ではありませんが、東塔エリアを一巡してバスセンターへ向かいました。
ここからロープウェイ駅へ向かいます。
時刻表のダイヤがまばらで、バスは終わってしまったのかと思ったら
路線バスが来てくれて乗り込みました。
P1210982_s.jpg
坂本行きのケーブルカーの方が30分間隔で出てるので
帰り道の確保は確実だとは思います。17:30までですが。
 
 
バスで比叡山頂へ向かい、ロープウェイに乗りました。
P1210984_s.jpg
比叡山頂⇒ロープ比叡へ
 
P1210988_s.jpg
 
 次はケーブル比叡駅からケーブル八瀬へ向かいます。
P1210989_s.jpg
 
P1210993_s.jpg
 
下からケーブルカーが昇ってきます。
ここですれ違うのね。
P1210996_s.jpg
 
すれちがい~
P1210998_s.jpg
 
車内は階段状。
P1220001_s.jpg
 
駅に着きました。
P1220003_s.jpg
 
ケーブル八瀬駅です。
P1220006_s.jpg
 
ここから川を渡り、八瀬比叡山口駅へ向かいます。
P1220008_s.jpg
 
 
比叡電車の八瀬比叡山口駅に到着。
ここから再びスルっとKANSAIカードが使えます。
ここから出町柳まで行き、京阪線に乗り換えて大阪市内へ帰ります。
P1220010_s.jpg
 
この日は近江神宮巡りもしたし、延暦寺の敷地内もたくさん歩き
ずいぶん体力を使いました。
延暦寺を本気で回るには山歩き覚悟でないと行かれませんなぁ。
 
「そうだ、比叡山へ行こう」って思いつきだけで
出掛けてしまったので。
 
 
今回は急遽「ちはやふる」のラッピングカーを見たお陰で
近江神宮へも寄り道しました。
そんな事ができるのも乗り降り自由の
フリーパスがあったお陰ですね。
 
延暦寺からの帰り道は、ロープウェイに乗った為、
1部パスが使えない区間がありました。
往路と同じく坂本経由のケーブルカーを利用すれば
フリーパスのみで行ってこれるので
多少遠回りでもその方が安上がりです。
 
 飛び飛び日程でも使える「スルッとKANNSAI」3dayチケット
利用圏の端っこまで使うとかなりお得ですよ。
日程に余裕があれば、体力温存で休息日も設けながら
遠くまでお出かけください。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

[ ブログランキングへ投票! ]
↑ ぽちっとな ↑
よろしくお願いしま~す♪
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ